性病検査というのはとても大切ですが、一体どのようにして検査するのか、その検査方法がわからないとどうしても不安で踏み出す事ができないでしょう。

なので、これからその性病の一般的な検査方法について説明をしていきます。

■病院で性病検査をする方法と自宅で自分で行う方法がある
まず、大まかに検査方法をあげるとしたら、病院に行って診察をしてもらうという方法と、自宅で自分で検査キットを使うという方法があげられます。

病院の方が確実性が高く検査結果もすぐに出るのですが、検査キットで自分でやる方が気軽であるという事は間違いないでしょう。

状況に応じて、自分はどちらの方法で性病検査をすべきか判断をして選択をしてください。どちらにしても、もしも検査で性病が発覚したら直ちに適切な処置を完治するまで行わないといけません。

検査はしたものの症状も酷くなく面倒だからと放置する方もいますが、そういった事がないようにしましょう。

■病院での性病検査方法について
病院で性病の検査をしてもらう時の方法としては、血液検査、尿検査、おりものの検査、喉粘膜の検査などがあげられます。最もよく行われるのは血液検査です。

■病院での性病検査方法について

HIVを含む複数の性病を血液検査で調べる事ができると覚えておきましょう。尿検査ではクラミジアと淋病を調べられます。おりものだとクラミジア、淋病、カンジダ、膣炎などがわかります。

喉粘膜ではクラミジアと淋病を検査可能です。検査機関であったり行う性病検査の項目によっては、このうちのどれをやるのかは変わってくるので、その点については事前に問い合わせをしておくのが確実だと言えるでしょう。

性病検査方法は、大きく分けると病院などで行う方法と自宅で検査キットを用いて行う方法があります。そして病院で性病検査を行う場合には、方法としては血液検査、尿検査、おりものの検査、喉粘膜の検査などがあります。

検査機関などによってもどの方法で検査するか異なるので、不安な場合には問い合わせをしましょう。