妊娠中に産婦人科で検査される性病と赤ちゃんへの影響

男性でも女性でもなってしまうのが、カンジダ症です。ついつい性行為したからなってしまうと思っていませんか。また、パートナーが万が一なってしまったら、浮気したのではと疑ってしまうなんてこともあります。

やはりカンジダ症も詳しくないとあらぬ誤解を招くことがあるのです。

カンジダ症は必ずしも性行為が感染経路とは限らない

カンジダ症は性行為でも、感染することはありますが、意外とその確率はかなり低いのです。数%未満とも言われています。ということは、先にあげたように浮気したから移されたとは必ずしもいいきれないのです。

もともと女性でもカンジダ菌を保有していることもあります。妊娠していない女性よりも妊娠している女性の方がより多く保有しているとも言われています。

これを読んでいるあなたも知らず知らずに保有して、パートナーと性行為をしているのかもしれないのです。

実は日和見菌感染症

カンジダ菌をもっているからといって、実は必ずしも発症するというものでもありません。カンジダ症は、日和見菌感染症なのです。

日和見菌感染症とは、普段はカンジダ菌を保有していても、免疫力により体が守られています。しかし、免疫力の低下により、体が守られなくなり、それにより菌による感染症が発症してしまうことです。

このように感染症が発症してしまう、カンジダ症になりやすいタイミングも、免疫力の低下のタイミングと言えるのです。たとえば、風邪やその他の病気になってしまったときや、その治療で抗生物質などを飲んだときなども、免疫力の低下や菌などのバランスを崩すので、それをきっかけに感染、発症してしまうことがあります。

あと、清潔にとお風呂に誰でも入りますが、石鹸による洗いすきなとでも、菌のバランスを崩すなどしで、起こりやすくなるとも言われています。

注意するタイミングもわかれば

カンジダ症になると、洗いすぎに気を付けようと指示されます。タイミングもわかれば、普段の生活でも気をつけることもできるようになるでしょう。