採血で性病検査をした時にはどういった性病がわかるのか、多くの人が気になっている事でしょう。なので、これからその採血によりわかる性病の種類などについてご説明をしていきます。

■性病検査には色々な方法がある
まず前提として、性病検査には色々な方法があるという事を覚えておきましょう。採血のみではなく、採尿による検査もあれば、喉の検査、おりものの検査などもあります。それぞれの検査でわかる性病が同じというケースもあれば、その検査でしかわからない性病というものもあります。

なのでどの方法で検査をするのかは、どの性病を調べたいのかによっても異なると言えるでしょう。この点は基礎知識としてまず頭に入れておいてください。また性病検査には検査キットという自分でもできるようなものもあります。そちらの場合、どんなキットを使うのかでできる検査方法が変わってきます。例えば血液と尿を採取して検査ができるキットもありますし、喉の検査ができるようなものもあります。

こちらについても覚えておきましょう。

■採血でわかる性病の種類とは
では具体的に採血をして血液検査を行う事によりわかる性病について解説をします。採血でわかる性病は、例えばクラミジア、梅毒、HIV、B型肝炎、C型肝炎、そして性器ヘルペスなどになります。他の性病検査方法と比べてみても、調べられる性病の数は血液検査が圧倒的に多く、また性病検査としては血液検査が最も選ばれています。

なので、とりあえず何か性病に感染していないかを調べようと思ったら、少なくともこの血液検査はかかせないと言えるのではないでしょうか。採血が苦手という方もいらっしゃるかもしれませんが、性病検査においてこの血液検査というのはとても重要です。

なので避けてしまわずに、しっかりと受けるようになさってください。採血による性病検査では検査機関などによる多少の違いはあるものの、クラミジア、梅毒、HIV、B型肝炎、C型肝炎、性器ヘルペスなど多くの性病のチェックができます。血液検査はポピュラーな性病検査になりますから、性病検査の際には受けて損はないでしょう。